松田聖子さんのイラスト

デビュー当時の聖子ちゃん


「えっ?誰?」と思うに違いない。

デビュー当時の聖子ちゃんである。

この頃が一番可愛かった。

「整形手術」をディスるつもりはない。「絶対整形して良かった」というひとも存在する。

聖子ちゃんの場合は必要なかったんではないか、と思うだけである。

このころの聖子ちゃんは「眼」が一番気に入らなかったのだと思う。「眼」から先に手を付けたからだ(いやこれは想像に過ぎない)。

わたしは逆のこのころの聖子ちゃんの「眼」が大好きだったのだ。

いまでもこのころの「眼」をもった女性に出会うことがある。その「眼」を大事にしてもらいたいもんだと思う。

整形をした後(いやこれは想像に過ぎない)でも、「赤いスウィート・ピー」のころまではよかった。

今の聖子ちゃんを見ても聖子ちゃんに見えない。とても寂しい気持ちになるのだ。

しかし、それも人生だ、と割り切ることにしている。

ひさびさに沢田研二さんを拝見して、「伊藤博文かっ」と思ったが、これも人生だ、と割り切った。

カサブランカ・ダンディーのころはセクシーだった。

「老い」とは残酷なものである。

にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

-0016 日本のタレント(女性), [00]06 イラスト, [00]09 M