ロイ・シャイダーさんのイラスト

「フレンチコネクション」、「ジョーズ」でブレイク


ヒーロー。タフガイ。マイトガイ(とは言われなかった)。

しかし、わたし的にはそうだったのだ。

スピルバーグの出世作「ジョーズ」でアミティ市の警察署長役を演じた。

格好良かった。

迫り来る巨大ザメの口の中に突っ込んだ酸素ボンベをめがけて放つライフルの銃弾。

なかなか当たらない。

いよいよ最後の一発、となった時に語るセリフ、「くたばれ、化け物め!」。

実際には「Smile you son of a bitch!(笑え、くそったれっ)」と言っているのだが、テレビ吹き替え版で翻訳された、この「くたばれ、化け物め!」が妙にハマッた。戸田奈津子さんだったのかどうかは定かではない。いい訳だった。

この映画を機に彼は「ハリウッド俳優」としての地位を勝ち取ることになるのだ!(いや、実際にはロイ・シャイダー自身はその前に出演した「フレンチコネクション」でアカデミー賞自演男優賞にノミネートされるなど、既に出世していた)

晩年は日本で云えば西村晃さんのような存在であった。

煮ても焼いても食えないおじいさん、である。

悪役も演じた。

2008年にこの世を去った。とても悲しかった。

くたばれ、化け物め!

「ジョーズ」のほかに「ファイアフォックス(ブラウザではない)」や「ターミネーター」が含まれています。

ジョーズ

スピルバーグ監督の出世作。

ジョーズ2

続編にしては面白かった。

ジョーズ3

この映画は「裸のがんを持つ男」級の完璧なコメディ映画だったような気がする。

にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

-0011 外国の俳優, 0029 オマージュ, [00]06 イラスト, [00]09 S