解散総選挙2017

352x352px

安倍晋三とドナルド・トランプと金正雲のGIFアニメ

今日、というか昨日(10月10日)、衆議院議員総選挙2017が公示され、選挙戦がスタートした。

が、もう勝負は見えている。分断された野党にはもう勝ち目はない。

敵方の準備が整う前に戦いに打って出た与党の作戦勝ちである。

しかし、それでいいのか?、ジャパン。

国政選挙は単なる人気投票ではないので、「わたしが当選したらこうする」、「わが党が当選したらこうする」というのを聞き比べて、この人に、この政党にこれをやってもらおう、というもの。

安倍さんの言うように、「民進党が分裂して前原さんが小池さんとくっつき、枝野さんは共産党、社民党とくっついた」などと言ったはなしは実はどうでもいい。

「政策論争で決着をつけよう」という自民党は正しいのだ。多数派だし与党だし正論を言っているため自民の勝ちはもはや決定している。

それにかつて「気分」で「民主党」に政治をやらせてみたとき、民主党内の意見がまとまらなくてかなり中途半端になってしまっていた時期がある。その後民主党は政権の座を滑り落ちてしまったが、結局のところ今の日本では自民党しか政治ができないのだ。

自民党しか政治ができないことが判っていて、自民が勝つことが判っているのに選挙もへったくれもない。こんな選挙なんて、やめてしまえばいい。お金の無駄である。

選挙は国民の意思表示といわれるが、目の前に横たわる様々な問題についての意思表示を「1票」に集約するのはムリだ。自民が買ったからって、「森友・加計問題」を許したわけではない。

ところが選挙に勝ってしまうと、いつのまにか自民は「許された」と言ってしまう。そしてこの問題は過去のものへと葬られてしまう。

だから勝ち目のない野党(どうせ国政を担わせてもできないのだが)はそういった自民党のエゴに対して立ち向かっていくことになる。これが「〇〇党と△△党がくっついた、離れた」という茶番を演じさせてしまうのだ。

いま日本は、急速に進む高齢化社会、経済問題、原発などのエネルギー問題、トランプさんと北のロケットボーイの脅威などあらゆる脅威にさらされている。

これらを「1票」で表現するのには、やはり、かなり無理がある。

150x150px

安倍晋三とドナルド・トランプと金正雲のGIFアニメ

にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

-0020 外国の政治家, 0021 日本の政治家, 0029 オマージュ, [00]01 GIFアニメ, [00]09 A, [00]09 K, [00]09 T