ロジャー・ムーアさんのイラスト

2017/09/27

Sir Roger George Moore

40代後半~50歳台くらいのひとの007のイメージはこの人なのではないでしょうか。

荒唐無稽過ぎるストーリーに技術的にあり得ない秘密兵器、出会う女性とは片っ端から肉体関係を持ち(例えそれが敵であっても)、どんな窮地も顔色一つ変えずに乗り切り、最後は性交シーンで終わる、伝統的007映画のパターンを確立した人です。テレビでちょっと見するだけだったときはこのシリーズ、完全にコメディなのだと思っていました。

その後映画館で「for your eyes only」を初めて観て、「コメディではなかったんだ・・・」と衝撃を受けたのを覚えています。

ロージャー・ムーアさんのプレイボーイ風007のイメージを形成するのに一役買った、というか大きなアシストとなったのは声優の広川太一郎さん(故人)だったのではないでしょうか。

広川太一郎さんのアフレコはわたしは本当に大好きで、「ヤリイカで一杯ヤリイカ」的なオリジナル版では言ってるはずのないダジャレをバシバシ投入する仕事ぶりは戸田奈津子さんも真っ青ですが、あれを平気で放映していたテレビ局も今より遊び心があったような気がします。

声優でいえば、ショーン・コネリーを若山弦蔵さん、チャールトン・ヘストンやジョン・ウェインを納谷悟朗さん、クリント・イーストウッドを山田康雄さんが演じるのが定番でしたが、彼らの吹き替えはオリジナルを凌駕するような出来栄えでした。

そんなロジャー・ムーアさんが昨日、5月23日、亡くなりました。がんで闘病中だったとのこと。

007=ムーアさん世代のわたしには悲しい知らせでしたが享年89歳。スパイにしてはずいぶん長生きです。

追悼番組はやはり007でしょうか。

ロジャー・ムーアの公式サイトはこちら>>

007 official siteはこちら>>


にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

-0007 ダブルオーセブン, 0011 外国の俳優, [00]09 M, ★[00]09 PORTRAIT(DL不可)↓