【ロードバイク】シクロクロス風グラベルロードFuji Feather CX+のインプレッション

2020/09/04

<ロードバイク一覧に戻る>

FUJI FEATHER CX+について

Fuji Feather CX+2020の公式サイトはこちら FUJI FEATHER CX+アメリカのフジバイクが販売しているシクロクロス風グラベルロードである。シクロクロス風、というのは名称の「CX」は通常シクロクロスを意味するがそれに「+(プラス)」がついているからだ。

⇒値段は楽天なら¥97,020。ただしこちらは梱包して自宅近くの宅急便屋さんに配送。送料は別途かかります。詳細は以下。

【1都3県送料2700円より(注文後修正)】2020モデルFUJI(フジ)FEATHER CX+(フェザーCXプラス)シクロクロス【送料プランC】 【完全組立】

⇒ロードバイク専門店Y'sRoad店舗での完成車受け取りなら¥107,800で整備、アフターケアも安心。詳細は以下。

シクロクロスはロードレーサーが冬の間、山道、砂利道、ぬかるんだ道などの荒れた道を走るトレーニングをしていたのが競技となってしまったものである。激しい段差や坂道があるためしばしば競技者はバイクを担ぐ。そのためシクロクロスバイクのブレーキケーブルはトップチューブの上側を通してある。このFEATHER CX+も例外ではない。なのでシクロクロスバイクというのは競技用車両(レース用車両)なのである。

ところがFEATHER CX+には荷物を載せるキャリア用のダボが用意されていたり、シクロクロスレースのレギュレーションである33㎜より太い35㎜のタイヤが標準装備であったりと、グラベルロードの特徴も備えている。FEATHER CX+でレースに出る人はいないと思うが、レースには出れない。レース用機材ではない装備があることが「CX」に「+(プラス)」が付いた理由なのではないかと推測する。

クロモリフレームを前面に押し出してはいるが、後ろのトライアングル(シートステーとチェーンステー)はアルミだ。これはこぐ力を後輪に伝えるのとフレーム重量を軽くすることに役立っていると思われる。この中途半端なところが通勤仕様バイクとして最もお勧めできる点なのである。

タイヤはKENDAの35㎜のブロックタイヤ。ホイールとフレームの接合部分は今流行りのスルーアクセルではなくクイックアクセルとなっている。クイックアクセルの方が扱いやすいが適合パーツが少ない。実のところこれはネガティブなポイントだ。ブレーキはテクトロのミラという機械式ディスクブレーキ。雨の日の使用には(通勤使用には)申し分ない。

FEATHER CX+で街中を走るとどれくらいの速さなのか、について書く。スタート地点の志村坂下付近からゴール地点の新橋浜松町付近までの距離は約18.5㎞である。これをだいたい50分~55分くらいで走る。電車で通勤した場合で人身事故や信号機故障がない場合とだいたい同じような時間だ。ぎゅうぎゅうの満員電車での55分と爽快にポタリングしながらの55分では精神衛生的にかなりの違いがある。信号待ちも含めた平均時速は20㎞/時前後である。FEATHER CX+は最高でも35㎞/時しか出ないのでわたしにはこれが精いっぱいだ。ロードバイクに乗った人にすいすい抜かれていくがあまり気にしない。

ちなみにRADACであれば50分を切るが、ブレーキが心配で逆にスピードは抑え目で走ることになる。RADACなら40㎞/時出るFEATHER CX+は出ない。このあたりがロードバイクとグラベルロードの違いなのかもしれない。ちなみにRADACは30年前のもので、いまのロードバイクに比べたらロードバイクとは言えない代物である。それでもグラベルロードよりは早いのである。

FUJI FEATHER CX+のインプレッション

99%通勤に使用しているわたしは、このバイク以外には、BRIDGSTONE RADAC HYBRID、ARAYA MUDDY FOX(MTB)、あさひ自転車のPRECISIONというアルミフレームのクロスバイク(代車だった)、SPORTINGのなーんちゃってMTBなどにしか乗ったことがない。なので主にはBRIDGESTONE RADAC HYBRIDとの比較となる。

BRIDGESTONE RADAC HYBRIDに軽く触れておくと、1989年ごろに販売されていたロードレーサー(当時の呼称)でフレームは中央の三角がアルミニウム、フロントフォークとチェーンステー、シートステーがクロモリである。柔らかさと軽さとコストの安さが融合した画期的な自転車だった。コンポーネントは今はなきSUNTOURの6速のディレーラーがついていたが、歯車の摩耗で使用不能となり、いまではSHIMANO CLARISがついている。

FEATHER CX+に最初に乗った時、ハンドルの幅広さ、フレームの逞しさにかなりの安心感を覚えた。その反面、全体的な重さ、タイヤの太さに「これでスピードは出るんだろうか?」と心配になった。

通勤に使うための必須パーツであるフロントキャリア(トライアスロンのエアロパーツ)、スタンド、それにリアのフェンダーを取り付けた。当然重くなるが、契約している駐輪場に止めなくてはならず、雨の日も乗り、また通勤時は常にスーツ、修理道具、PCなどを持ち運ぶため、それらは絶対に必要なパーツ群なのだ。

満を持して実戦配備した当日、思いがけない加速の良さ、それに対してトップスピードの遅さ、また坂道での重さに驚いた。結果、片道18.5㎞走ったトータルタイムはRADACとほとんど変わらなかった。信号のタイミングにもよるが、だいたい同じか5~10%余計に時間がかかるくらいだ。スピードを出すとブレーキが効かないのでスピードを落としつつ走るRADACに対して、力いっぱいこげるFEATHER CX+との比較となってしまった。というか、比較にならない。やはりロードバイクとグラベルは相当に違うのだな、というのが率直な印象であった。

しかし実は決定的な違いがあった。FEATHER CX+はSHIMANO STIだったことである。STIはブレーキレバーとシフトレバーが一体化したものでハンドルから手を放さずにシフトチェンジができるものだ。RADACはダブルレバー(ダウンチューブについているレバーで操作するスタイル)だったのでこれは便利だった。

スタートダッシュの良さとスムーズなシフトチェンジでRADACよりもストレスなく、乗車姿勢も楽でだいたい同じくらいの時間で通勤できるため、ほどなくして私のメインバイクはFEATHER CX+となったのだった。RADACはスーパーサブになってしまった。

しかし、問題が次々起きた。消耗品がすぐ壊れるのだ。

まず、実戦配備後1か月(800㎞)ほどでリアディレイラーのシフトワイヤーが切れた。次に後輪が4か月(3200km)ほど、その後前輪がぶれだしだ。同時に後輪がつるつるになったためタイヤを早くも4か月で交換したがタイヤのブレはホイールに入っていた無数の亀裂が原因だったので純正のものに交換した。ディスクブレーキのシューも4か月ほどでダメになったので交換した。

その後車道と歩道の境目に乗り上げてジャンピングクラッシュし、前後輪ともにぐにゃぐにゃに曲がって使い物にならなくなってしまったので前後輪のホイールを交換した。その直後またリアのケーブルが切れ、今度はフロントのブレーキケーブルが切れた。

RADACは構造が簡単なぶん、消耗品が長持ちし、FEATHER CX+は多少複雑なぶん、消耗品の摩耗が早いのかもしれないと考えた。シフトのインナーケーブルは切れる前に自分で交換することにした。タイヤやチューブ、シフトやブレーキのインナーケーブルの交換はだんだん上手になっていった。

そしてFEATHER CX+を実戦配備して1年半、約14000㎞ほど走った。最近ようやくあちらこちらの不具合もなくなり、いろいろな意味で馴染んできたような気がする。

⇒値段は楽天なら¥97,020。ただしこちらは梱包して自宅近くの宅急便屋さんに配送。送料は別途かかります。詳細は以下。

【1都3県送料2700円より(注文後修正)】2020モデルFUJI(フジ)FEATHER CX+(フェザーCXプラス)シクロクロス【送料プランC】 【完全組立】

⇒ロードバイク専門店Y'sRoad店舗での完成車受け取りなら¥107,800で整備、アフターケアも安心。詳細は以下。

グラベルロードのススメ

ロードバイクでとにかく速く走りたい、あるいはロードレースに出場する、という目的でなければグラベルロードをお勧めする。

わたしはロードのレースにもヒルクライムにもブルぺにも出ない。シクロクロスのレースにも絶対に出ない。なのでグラベルロードがいいのだと感じるのだと思う。

わたしは東京の街中を99%通勤目的で乗るのだが、ロードバイクのタイヤではパンクが絶えない。また、側溝のフタと舗装路の継ぎ目が結構気になる。FUJI FEATHER CX+に変えてからはそれらがほとんど気にならなくなった。パンクもRADACのころは1年に7回ほどだったがFEATHER CX+にしてからは1年に1~2回に減った。ただしゼロにはならない。

スピードも、本格的なロードバイクとは勝負にもならないが、実のところ、信号のたびに追いついてしまう。街中のみで乗ってるぶんにはロードバイクに乗っている良さがあまり発揮できないのかもしれない。

ただし、よく晴れた風の穏やかな日、きれいに舗装された道路をRADACで走る爽快感はFEATHER CX+では味わえない。ま、そんな日は1年365日乗っていても4,5日あるかどうかの頻度だが・・・。

その一方でFEATHER CX+で特に楽しいと感じるのは荒川の河川敷や都立浮間公園の池の周りの砂利道を走った時だ。ああ、こういうところを走る自転車なんだ、としみじみと感じる。RADACではふらふらしてしまって足元がおぼつかないが、FEATHER CX+なら安心して走れる。やはりロードバイクとグラベルロードはぜんぜん違う自転車なのだ。

なお、ロードバイクに乗っても必ずしも早く走れるとは限らない。どんなにいいバイクに乗っても所詮こぐのは人間だ。本当に早く走れる人というのはおそらくほんの一握りの人である。ちなみにわたしは違う。

⇒値段は楽天なら¥97,020。ただしこちらは梱包して自宅近くの宅急便屋さんに配送。送料は別途かかります。詳細は以下。

【1都3県送料2700円より(注文後修正)】2020モデルFUJI(フジ)FEATHER CX+(フェザーCXプラス)シクロクロス【送料プランC】 【完全組立】

⇒ロードバイク専門店Y'sRoad店舗での完成車受け取りなら¥107,800で整備、アフターケアも安心。詳細は以下。

<ロードバイク一覧に戻る>

にほんブログ村 アニメブログ オリジナルアニメへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

-★02 Essay (エッセイ)↓, ロードバイク, 乗り物

ギャラリー/ Gallery

1
ハンフリー・ボガートさんのイラスト

ミスター・ハードボイルド 「ボギー」の愛称で知られるハードボイルド俳優。 沢田研 ...

2
小池百合子さんのかわいいイラスト「ステップ2じゃあっ!」なLINEスタンプ非公式

LINEアニメスタンプ(非公式) 150x150px

3
小平奈緒さん、金メダル!

スピードスケートの女王 たぶんこれを描いたのは前回、あるいは前々回のオリンピック ...

4
デビ・メイザーさんのイラスト

Debi Mazar アメリカの女優さん。 性悪女っぽい演技が最高にセクシー。 ...

5
ヨンアさんのイラスト

キム・ヨンア~김영아 アンヨ、ではない。 韓国出身のファッションモデル。 主に日 ...

6
ピンクさんのイラスト

野性味が魅力。 アメリカのシンガ・ソング・ライター。 セクシー。とても肉食系に見 ...

7
力士スタンプ「気合いだっ!」

LINEアニメスタンプ(非公式) 150x150px

8
藤竜也さんのイラスト

映画俳優・藤竜也 渋い。 こういう人になりたい、と思わせてくれるような格好いい俳 ...

9
マイケルJフォックスさんの「ロレイン、ぼくらはまた会える.保証するよ 」LINEスタンプ(非公式)

LINEアニメスタンプ(非公式) 「バックトゥザフューチャー」で最も印象的な場面 ...

10
LINEスタンプ(非公式)~西崎教授(市川猿之助さん)ブラックペアン~「私の勝ちだっ」

LINEアニメスタンプ(非公式) この人なくしてドラマの成功はあり得なかった。 ...

11
エフゲニア・カナエワさんのイラスト

ロシアの妖精 ロシアの新体操の選手。 北京オリンピック、ロンドンオリンピックで金 ...

12
トランプ大統領の「自動車関税延期じゃあっ!」のLINEスタンプ非公式

LINEアニメスタンプ(非公式) これは訪日前の話。 シンゾーとの出来レースの前 ...

13
菅官房長官の「地震、揺れましたね」LINEスタンプ非公式
14
文在寅さんの「韓国は日本にもロナウドにも負けないっ!」なLINEスタンプ非公式

LINEアニメスタンプ(非公式) 150x150px

15
かわいいイラスト 東京動画 朝・昼・夕方・夜 バナー

かわいいイラスト・クルーズ動画のダウンサイジングに引き続き、イラスト・東京動画の ...

16
リーチマイケルさんの「お疲れさまでしたっ」なLINEスタンプ非公式

LINEアニメスタンプ(非公式) 冒険は終わった。 だが、劣勢に陥っても決して諦 ...

17
紐倉博士(山下智久)高家春馬(濱田岳)インハンド~「天才が助手をするんだ、何も心配はないっ」なLINEスタンプ(非公式)

LINEアニメスタンプ(非公式) 一番好きだったシーン。 150x150px

18
ティモシー・ダルトンさんのイラスト

ティモシー・ダルトン 007のイメージとして、わたしは好きでした。 社会的な問題 ...

19
帰ってきたビアガールさんの「そろそろ飲みにいきたいですね」アップなGIFアニメ

600x600pxノーマル 可愛いビアガールのモデルはかわいい後輩。 今日、39 ...

20
阿藤快さんのイラスト

阿藤快 役者としても通販番組のコメンテーターとしても食べ歩きのレポーターとしても ...